その2の韓国語講座

質問と回答

この講座は誰が運営しているのですか?

有限会社その弐が作成・運営しています。
弊社では韓国語・中国語の翻訳や、コンピュータ関連機器の開発補助、コンピュータのトラブル支援(エマ電子)などを行っております。

この講座の韓国語の声は誰ですか?

弊社のスタッフです。ソウル出身の韓国人です。

何のためにこの講座を開いているのですか?

弊社では日頃からインターネット上の様々な情報を活用しております。インターネットのGive & Takeの精神にのっとり、それらの情報の対価の一部としてこの講座を公開しています。このようなことから、本講座は無料で閲覧が可能です。(有料にするほどのレベルでない、という理由もありますが...(^^;)。

今後の更新予定は?

2014年現在、どうしようか思案中です。ただ、できるだけ更新を継続する方向で考えてはおります。
とりあえずこのサイトを閉鎖することだけはしないようにしようと思っています。